TOP > ペットホテルについて

ペットホテルとは

ペットホテルとは、文字通り「ペットが泊まるホテル」のこと。つまり、ペットを一時的に預かるサービスをしてくれる施設のことをいいます。飼い主が旅行や出張、入院などで家を留守にする際にペットを預かり、飼い主の代わりにペットのお世話をします。

ペットホテルのサービス内容

一時預かり
お買い物や急な外出など、数時間~日帰り程度の短時間、ペットを預かります。
短期預かり
一般的なサービスで、1泊からペットを預かります。連続して10日以上の利用となる場合は、「長期預かり」の方がお得になることが多いようです。
長期預かり
長期間にわたり、ペットを預かります。1か月単位で預かるケースが多いようですが、長期になると割引やいろいろな特典がつくサービスが多いようです。

ペットホテルの主なサービス内容について紹介します

食事
ペットにご飯やお水を与えてくれるサービスです。回数や与える時間帯など、預ける際にペットホテルのスタッフに伝えておきます。薬を飲んでいる場合は、ご飯の時に与えてくれることが多いでしょう。いつも食べ慣れているフードを持ち込むようにしましょう。
散歩
預けるペットが犬の場合、お散歩でしかトイレをしないという犬も多いでしょう。そういった犬にとってはもちろん、毎日の散歩が欠かせない日課となっている犬にとっては、お散歩サービスの有無はとても大切です。
その他
犬猫の場合、トリミングサービス、犬の場合はしつけや他の犬と遊ばせるなどのサービスを行っているペットホテルもあります。 詳しいサービス内容は、各ペットホテルによって異なりますので、事前に調べて確認しておくとよいでしょう。

こんな方にはペットホテルがオススメ!

  • 仕事でたびたび出張の予定が入る
  • 旅行が好きで定期的に出かける
  • 病気のため入院をしなければならない
  • 急な予定でいつもの友人には預かってもらえない
  • 留守がちで十分にペットの世話をしてあげられない

ペットホテルのサービス内容

ペットホテルを利用する以外にも、留守の間ペットの世話をしてもらう方法はあります。
ペットシッターにお家に来てもらってお世話をしてもらったり、親戚や友人に預けてペットの面倒を見てもらうという方もいます。
自分自身と自分のペットに合ったペットサービスを利用しましょう。


ホテルについて|ペットホテル東京トップへ