TOP > ペットホテルの選び方

ペットホテルの選び方

ペットホテルを利用することに決めたら、インターネットや電話帳などで利用できるペットホテルを探します。 実際に同じペットを飼っている人からおススメのペットホテルを聞くのがよいでしょう。 ホームページなどで調べて、実際に電話で質問して内容を確認してください。 見学可能な施設であれば、事前に見学されることをお勧めします。 施設の雰囲気やスタッフの対応なども直接確認することができます。

衛生面

予防接種
ペットホテルでは同時にたくさんのペットをお預かりします。予防接種が必須になっていることを確認しましょう。もし予防接種が必須でない場合は、預けている間に何らかの病気に感染してしまうおそれもあります。
清潔感
施設内は不快なにおいがしていないか、全体的に清潔に保たれているかどうかをチェックしましょう。ケージの中にウンチやオシッコがそのまま放置されているような施設は、当然不快なにおいがします。

施設の種類

ペットショップ・トリミングサロン
帰りにシャンプーやカットを希望する場合にはおススメです。トリミングで定期的に通っている場合は、施設やスタッフにも慣れているペットもいるでしょう。
動物病院
健康状態に不安のある場合は、かかりつけの病院で預かってもらうようにしましょう。急な環境の変化によるストレスから、預けた時には元気でも体調を崩す子もいます。そういった場合でもすぐに対応・処置してくれるので安心です。
ようちえん・しつけ教室
他の施設よりもペットのお世話に時間をかけてくれる所が多いです。トリミングサロンではトリミングの合間に、動物病院では医療行為の合間にお世話をするため、お泊りのペットにかけられる時間がどうしても少なくなります。ペットをケージではなくフリーに過ごさせてあげられる時間がある施設が多いです。

スタッフの人数

少ない人数ではペットのお世話に時間をかけられません。スタッフの数がたくさんいる施設の方が、一般的にペットのお世話をきちんとしてもらえます。

安全面

ペットを放置して目を離していたりすると、他のペットとのトラブルがあったり、逃走などの危険もあります。またお散歩サービスなどで外にペットを連れだす場合、お散歩で使用する道具などは安全かどうかも確認しましょう。送迎サービスを利用する場合は、送迎時も安全にペットを輸送してくれるかどうかチェックしましょう。

預り時間

旅行などでは朝早く出発したり、渋滞などでお迎えの時間が遅くなったりすることも多いと思います。営業時間の長いペットホテルや24時間営業のペットホテルだと、預ける側も余裕をもって行動できます。また営業時間外はスタッフが帰ってしまう施設が多いですが、スタッフが営業時間外も24時間常在している施設もあります。

サービス内容

食事
冷蔵や冷凍でいつも食べているフードを保管し、与えてくれる施設もあります。食べ方や食べ残しの量などを確認し、与え方を工夫してくれる場合もあります。食事に手がかかるペットの場合、どこまで対応してもらえるのか事前にきちんと確認しておきましょう。
投薬
毎日お薬が必要なペットの場合、対応できるのかどうかを事前に確認しましょう。
お散歩
ワンちゃんの場合は、お散歩が重要なサービスとなります。お外でしか排泄をしない犬の場合、お散歩の量やお散歩の回数などを確認しましょう。また、芝生や砂利の上など排泄の癖がある場合、排泄しやすい場所などを伝えておくとよいでしょう。

ホテルについて|ペットホテル東京トップへ



 PR | 犬のしつけ教室DOGLY | 犬のしつけ成長日記 | 犬のしつけ成長日記2 | 犬のしつけ成長日記3 |
| 犬の訓練・しつけ教室DOGLY:社外研修コラム | トリミングサロンKENKEN | DOGOODS.COM | DOGLYカフェ&ドッグラン
| DOGLYドッグトレーナースクール | 東京プロフェッショナルドッグスクール | 東京プロフェッショナルドッグスクール-短期トリミング科- |
| ドッグリー終生飼養 | 家庭犬しつけ協会 | 東日本大震災動物救援情報サイト | 石巻救護センター応援サイト |
| うなぎ老舗「山の茶屋」 | 最高級うなぎのお取り寄せ通販 |